《Form-ofsuccess》成功の形 blog

成功を形にする為の様々な情報発信ブログ

節税効果大☝🏻「iDeCo(イデコ)」メリット、デメリットは?

f:id:Form-ofsuccess:20210912105156j:plain

 iDeCoの最大のメリットは、資金の拠出、運用、受け取りの3段階にわたって税制優遇を受けられます😄

1:拠出時=掛け金は全額所得控除
 iDeCoの掛け金は原則全額が所得控除となります。たとえば、掛け金を毎月2万3,000円×12カ月で年27万6,000円支払うと、その全額が所得控除され、結果として所得税・住民税の負担が減ります。

 企業年金制度のない会社員で年収650万円の方であれば、年間8万2,800円もの節税メリットが期待できます。この節税効果は、年収(課税所得)に応じて変わり、課税所得が高い方ほど節税メリットが大きくなります。具体的には、掛け金×15~55%の節税効果(※2)を得ることが可能です。

 所得控除を受けるための手続きはとても簡単で、確定申告の必要がない会社員や公務員の方であれば、年末調整だけで終了します。

※2:55%は所得税率の最高税率45%に住民税率10%を合計したもの。復興特別所得税は考慮していない。税率は加入者の適用税率によって異なる。

2:運用時=運用益は非課税
 iDeCo口座内の売買で得られた投資信託の売却益や配当(分配)の他、定期預金の利息は全額非課税(通常は税率20.315%)になります。運用益に対する非課税措置という面ではNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)と共通していますが、NISAが預金を対象外としているのに対し、iDeCoでは預金の利息も非課税になります。

3:受取時=一時金または年金どちらを選択しても控除あり
 iDeCoで積み立てた資金を一時金として受け取る場合は退職所得控除、年金として受け取る場合は公的年金控除を使うことができます。なお、受取方法は60歳以降、実際に受け取る際に決めればよいので、加入時に迷う必要はありません。


 節税メリットが豊富なiDeCoですが、気をつけておきたいこともあります。

 それは、60歳まで資金の引き出しができないということです。

「結婚費用が必要だから」「住宅購入資金が必要だから」などの理由で国民年金や厚生年金を取り崩すことができないのと同じように、iDeCoも、加入者の個人的な事情で資金を引き出すことは認められていません。iDeCoは、老後の所得保障を目的とした制度のため、手厚い税優遇を認める代わりに、流動性に制約が設けられているのです。「iDeCo=超長期運用」と割り切ったほうが、腰を据えて資産形成ができます。

 公的年金に上乗せして老後に備えるiDeCoのような私的年金制度は、日本や欧米だけでなく、アジア各国でも類似の制度が導入されており、今やグローバルスタンダードになりつつあります。なかなか日本でも浸透しきれていませんのでこれを機に皆さんも学ぶきっかけにして、実際に行動してみましょう🖐🏻


★iDeCoを学ぶには★
無料体験会でできるお金のセミナー※
詳細はこちらから⬇️
お金のトレーニングスタジオ「ABCash」

※あくまで記事掲載時点》

1.家計管理・貯金の正しい方法
2.資産運用はじめるための基礎知識
3.NISA、つみたてNISA入門編
4.iDeCoの効果的な活用法
5.プロか教える保険選び|のポイント
6.賃貸vs購入の判断基準
7.家計の健康がわかるマネー診断

《現在、無料体験は全てオンラインで実施》
お申込はこちらから⬇️


お金のトレーニングスタジオ「ABCash」


【ご参考⬇️】

★以下はご参考まで⬇️★
資産運用に興味があるが、「どの商品を購入すれば良いのか」「どうやって運用していけば良いのか」誰に相談したらいいのかわからない…😩

たとえ相談する相手がいても、どんなことを相談すれば良いのかわからない方もいるでしょう💦

相談先として、銀行や証券会社などの金融機関も、営利企業なので当然自社の利益を考えます💡
何も知らないとカモにされるのがオチです💦

そこでどこに相談するかはもちろんですが、自己防衛のために事前に知っておきたい知識などを簡潔にご紹介していきたいと思います😆

◆ポイント1
資産運用は市場で売買が行われる株や投資信託などを取り扱っている銀行・証券会社などがあるが、買うならネット証券がオススメ!
⬇️
理由:銀行や証券会社は手数料が高く、金融商品など、自社に都合の良い商品を選ばれがち。
運用利回りも1%の差が長期的にみた場合、大きく左右するということを忘れないでください☝🏻
⬇️
【オススメネット証券の例】


ネットで投資信託




DMM FX

◆ポイント2
相談前に資産運用の目的を整理しておくのはもちろん、当面の生活資金と緊急資金(給与の3ヵ月〜6ヵ月分)以外の余剰資金がいくらなのかを把握しておくこと☝🏻
⬇️
【資産運用の管理についてのオススメアプリ】


株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」

◆ポイント3
とはいえ、相談相手に困る場合は、セミナー参加という手もありです。ただ売り込まれるのは嫌だという気持ちがあったり抵抗感はあるとは思いますが、結局はやるかやらないかは自分自身で決めれば良いだけのことです☝🏻それくらいのある程度の強い意思も資産運用をしていく上では必要になってきますし、種々様々な人の意見を聞くのも非常に勉強になりますので試してみてください☝🏻
⬇️
【オススメセミナー】


商品販売なしの総合的な資産運用アドバイスセミナー

・他社セミナーのように、商品販売がないセミナー。
 (コンサルティングサービスのご紹介はある可能性あり)

ライフマネーセンス【セミナー申込】

——————————————————


日常ファッションランキング


インテリア・雑貨ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


【人気商品関連】